*/ DIJ - Deutsches Institut für Japanstudien
Home

DIJ-Publikationen

Info
Kreiner, Josef (Hrsg.)

ケンペルのみた日本 

1996, 日本放送出版協会, 東京, 252p., ISBN: 4-14-001762-7, 950円.


Abriss

本書は、絶版となっていた『ケンペルのみたトクガワ・ジャパン』(六興出版 1992年)の新版に当たる。
編集作業に当たっては、視野をケンペルに絞ったため、先駆者クライアーとマイスター、そしてケンペルの日本コレクションについての論考を外す一方、片桐一男先生に最新の研究の成果を盛り込んだ書き下ろしの論文をお願いした。

Inhalt

デトレフ・ハーバーランド( ヨーゼフ・クライナー訳)

p.12-28
エンゲルベルト・ケンペル


p.29-54
ケンペルとヨーロッパの日本観

大石慎三郎

p.56-65
元禄時代の経済と社会

守屋毅

p.66-87
ケンペルのみた元禄の社会と文化

櫻井哲男

p.88-100
ケンペルが聞いた元禄の音

永積洋子

p.101-110
17世紀後半の日本とオランダ

ハルム・クルーティンク(ヨーゼフ・クライナー、住谷一彦訳)

p.111-124
信仰告白時代・魔女狩・早期啓蒙

芳賀徹

p.126-150
ケンペルと比較文化の眼


p.151-194
急浮上した世界のケンペル研究 (座談)

ユーイン・ブラウン

p.196-221
『日本誌』と英国に伝わるケンペル遺産

片桐一男

p.222-245
ケンペルと今村源右衛門英生

© Copyright 2018 DIJ