*/ DIJ - Deutsches Institut für Japanstudien
Home

DIJ-Publikationen

Info
Kreiner, Josef; 東京 (Hrsg.)

ケンペルのみたトクガワ・ジャパン 

1992, 六興出版, 294頁, 4-8453-8118-4, 2800円(絶版).


Abriss

ドイツ-日本研究所は、ドイツ人による日本研究の礎柱を築いたケンペルの業績を広く日本に紹介するため、ケンペルの来航300年に当たる1990年から1991年にかけて、国際シンポジウム、展覧会(ドイツ人の見た元禄時代-ケンペル展)、講演会などを開催した。
講演会における講演内容は、日本アイ・ビー・エムの雑誌「無限大」(No. 87)に収録されて大きな反響を得たが、本書は同誌に収録された諸論考と展覧会図録に掲載された主要論文、そして新たな書き下ろしの論稿三篇を加えて編纂した。

Inhalt

ハーバーランド・デトレフ

p.10-25
エンゲルベルト・ケンペル( ヨーゼフ・クライナー訳)


ケンペルとヨーロッパの日本観

クラフト・エーバ

p.52-62
ケンペルの先駆者クライアーとマイスター

大石慎三郎

p.64-74
元禄時代の経済と社会

守屋毅

p.75-96
ケンペルのみた元禄の社会と文化-『日本誌』をよむ-

櫻井哲男

p.97-109
ケンペルが聞いた元禄の音-『日本誌』のサウンドスケープ-

クルーティンク・ハルム

p.110-124
信仰告白時代・魔女狩・早期啓蒙-ヨーロッパ啓蒙主義史におけるケンペルの位置によせて-(ヨーゼフ・クライナー、住谷一彦訳)

永積洋子

p.125-134
17世紀後半の日本とオランダ

芳賀徹

p.136-160
ケンペルと比較文化の眼

Kreiner, Josef; 永積洋子; 田代和生; 中直一;松田清

p.177-222
座談 急浮上した世界のケンペル研究

ブラウン・ユーイン

p.224-249
『日本誌』と英国に伝わるケンペル遺産

オイルシュレーガー・ハンス・ディーター

p.250-257
民族学の立場からみたケンペルの日本コレクション

榊原悟

p.258-267
『諸国名所図会』とケンペル

片桐一男

p.268-286
ケンペルと阿蘭陀通詞今村源右衛門

© Copyright 2018 DIJ