*/ DIJ - Deutsches Institut für Japanstudien
Home

DIJ-Publikationen

Info
Kreiner, Josef (Hrsg.)

日本民族学の現在 -1980年代から90年代へ 

1996, Shinyōsha, Tokyo, 395 S., ISBN 4-7885-0551-7, 4326円.


Abriss

 1980年いらい日本の民族学研究は優れた民族誌を蓄積する一方、民族紛争や海外旅行による一般の関心の高まりにも刺激されて著しく進展した。従来の研究分野と並んで、祭祀空間論、エスニシティの問題、あるいはコンピューター民族学など新しい分野の研究が取り上げられてきた。また、地域研究を見ると今まで自由に現地調査、研究ができなかったシベリアのような地域が、最近の政治経済的な変化の影響で、新しく研究者の注目を浴びるようになった。しかし、それよりも重要なことは戦後日本の思想史におけるパラダイムの変化と日本民族学の関わりに注目すべきであろう。ここで強調しておきたいことは、日本民族学の役割が一般にも注目されるようになったことである。
本書は、この間の研究の成果を、第一線の専門家35氏が13の分野・22の地域にわたって展望した貴重な研究手引書である。

Inhalt


p.3-8
日本民族学・文化人類学の歴史

佐々木高明

p.9-15
学会・協会・振興会の動向

村武精一

p.29-40
象徴空間論

宮田 登

p.41-51
都市民俗学・祭祀空間論

網野善彦

p.52-63
日本の中世史研究-現状と課題-

保立道久

p.64-71
日本の民衆史研究

上野和男

p.72-84
社会構造論・家族研究

住谷一彦

p.85-98
共同体祭祀(宮座)

綾部恒雄

p.99-119
エスニシティ

松村一男

p.120-127
神話

石毛直道

p.128-143
食事文化

杉田繁治

p.144-157
コンピューター民族学

大林太良

p.161-167
日本民族の起源

江守五夫

p.168-175
日本の社会

佐々木宏幹

p.176-190
日本の宗教-1980年以降の宗教研究

小澤俊夫

p.191-201
日本の口承文芸-現代日本における研究

渡邊欣雄

p.202-223
沖縄の宗教と社会

小谷凱宣

p.224-237
アイヌ文化-過去10年間のアイヌ研究

伊藤亜人

p.238-252
韓国・朝鮮-日本の民族学・文化人類学における研究

竹村卓二

p.253-261
中国

小野澤正喜

p.262-272
東南アジア大陸部

菊地 靖

p.273-285
フィリピン-戦後の研究動向

山下晋司

p.286-298
インドネシア・マレーシア

畑中幸子

p.299-307
オセアニア・オーストラリア

小西正捷

p.308-316
南アジア

大塚和義

p.317-326
シベリア-日本における民族学研究

片倉もとこ・松原正毅

p.327-335
中東 -日本人研究者による人類学的研究

栗本英世

p.336-349
東・中央・南アフリカ-1980-1994年の研究動向

川田順造

p.350-360
西アフリカ

森 明子

p.361-368
ヨーロッパ-日本における民族学・文化人類学的研究

青柳清孝

p.369-378
北米

岡田宏明

p.379-387
エスキモー -1978年以後の研究の歩み

大貫良夫

p.388-392
中南米

© Copyright 2018 DIJ