*/ DIJ - Deutsches Institut für Japanstudien
Home

DIJ-Publikationen

Info
Kreiner, Josef (Hrsg.)

地域性からみた日本 -多元的理解のために- 

1996, Shinyōsha, Tokyo, 297 S., ISBN 4-7885-0572-X, 3399 円.


Abriss

 現代日本の社会、経済、並びに文化において、伝統的な日本の地域性はどのくらい、あるいはどういう形で残っているのか、または残っていないのか、もし残っていないとすれば、それは別の形に変わったのか、そして現在の日本の、例えば経済、政治にどのくらい影響を及ぼしているのか、といった一連の問題は、現代日本のより正しい理解を目指しているドイツ-日本研究所の研究領域の中で、いうまでもなく大きな地位を占めている。
1995年6月に伊豆大島で『日本の地域性と現代』という題の下に3日間の国際シンポジウムを開催し、これらの問題をとりあげ、日本文化の多元的理解という視点で、地域性についての検討を試みた。尚、本書でいう「地域性」とは、さまざまな地域ごとの個性、地域らしさ、多様なあり方を表す言葉として用いている。

Inhalt


p.1-12
日本の地域性の現在-ひとつの問題提起

大林太良

p.13-37
社会組織の地域類型

安東誠一

p.38-64
現代日本経済の地域性-高度成長が閑静させた垂直的地域構造

清水浩昭

p.65-91
家族構造の地域性-人口変動との関連で

渋谷勝己

p.92-118
現代に生きる方言-

小島美子

p.119-145
現代日本の音楽状況と地域性

堀井正治

p.146-177
日本人の食生活と地域特性

奥村彪生

p.178-208
現代における郷土色料理

昇 秀樹

p.209-231
日本の地域構造-北緯三十五度ベルト・北海道・沖縄

月尾嘉男

p.232-248
見捨てられる東京-「帝都」の終焉

千田 稔

p.249-270
関西を考える-型くずし・型まもり・型つくり

神崎宣武

p.271-291
日本のムラの五〇年-「地域おこし」を必要とする背景

© Copyright 2018 DIJ